花きもの学院

着物を来よう!

では早速浴衣を着てみましょう
着くずれを最小限におさえるためには、
最初に着るときの着付けが大切です。
丁寧に繰り返し練習しましょう!!
1〜20の手順で着付けが完了します☆
前編
1.下着を付けて浴衣をはおります。両手で左右のえりを持ち前で合わせます。
着物を着よう!

 

2.丈の長さを決めます。左右の手で、えり先の少し上を持ち、
横から見たときに、くるぶしが隠れるくらいの長さに持ち上げます。
着物を着よう!

 

 

3.上前のはばを決めます。右手をそっと開き、左手が右脇にくるように、
褄先上がりにします。ひじでおさえておくと手の位置がずれません。
着物を着よう!

 

 

4.下前の幅を決めます。左手の位置がずれないよう気を付けながらゆっくりと開き、
余った分は折り返します。
着物を着よう!

 

 

5.上前をかぶせ、3で決めた右脇に来るようにします。
右手に変えて右脇をおさえておきます。
着物を着よう!

 

 

6.左手で腰ひもの真ん中あたりを持ち、
右の鎖骨のすぐ上に当てます。
着物を着よう!着物を着よう!

 

 

着物を着よう!記事一覧