花きもの学院

着物の種類

覚えておくとベンチなのが浴衣の各部の名称です。
着付けをするときにはとても役に立つので意味と一緒に覚えましょう!

 

【共えり】

ゆかたのえりの部分の上に重ねてつけるえりのこと。
胸のあたりから首の後ろを回って、反対側の胸のあたりまでついています。

 

【身八つ口】

脇縫いの終わりから袖つけの下にかけて、12〜13センチほど縫い残している部分。
ここから手を入れて、えりを整えます。

 

【えり先】

えりの下端の部分。着付けの時、ここから上を左右、両手で持ち、すその長さや
上前、下前の幅を決めます。

 

【上前】

浴衣は男女ともに左側が上になるように着ます。上側に来る身頃を上前、下側に
くる身頃を下前です。着付けの時は、上前が右の脇にくるように着付けます。

 

【おくみ】

前身頃につけて細長い部分のこと。

 

【褄先】

えりから下の縦の線とすその横の線が交差する角の部分のこと。着付けの時には
褄先を少し上に上げるようにして着ます。

 

【ゆき】

背縫いから袖口までの長さ。着る人の身長や手足の長さで異なります。
長さを確認しましょう。

 

【背縫い】

左右に後ろ見ごろを中央で縫い合わせた部分のこと。

 

【衣紋】

えりが後ろ身頃に接している部分。着付けの時は衣紋を首からこぶし一つほど離します。

 

【すそ線】

浴衣のすそのラインのこと。目安はくるぶしが隠れる程度。可愛くきたいと思う人は
少し短めに調節しましょう。

着物の種類記事一覧